« 話をするときは肘をついてはいけません | トップページ | 中野剛志さんが好きになってきた »

2011年11月 1日 (火)

○○に隠れて生きる

妖怪人間ベムが子供たちにも受けてます。

これは我が家だけではなく、お友達のところでも同じみたい。

で、うちの下の子(5歳)は妖怪人間の歌を覚えて歌っているんだが、微妙に違う。

最初は

「山にか~くれて生きる、俺たちよ~か~いにんげんなのさ」

う~ん、惜しい。これだと単なる野生動物だ。

「ちょっと違うよ」と指摘したら、次は

「キミにか~くれて生きる、俺たちよ~か~いにんげんなのさ」

と歌い出した。
ちょ、ストーカー?と思って笑っていたら、受けたと思ったのか調子に乗って

「はやくキミになりた~い!」

とか歌ってる。
ヤバイひとだよ、それじゃw

|

« 話をするときは肘をついてはいけません | トップページ | 中野剛志さんが好きになってきた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4803/42800678

この記事へのトラックバック一覧です: ○○に隠れて生きる:

« 話をするときは肘をついてはいけません | トップページ | 中野剛志さんが好きになってきた »