ニュース

2011年11月11日 (金)

2011/11/11

2011年11月11日。

十一十一十一。

直列つなぎ。

過剰電流で危険。

世紀末にはそんな発想をして、なにか起こるんじゃないかみたいに煽ってたことを思い出します。
(当時は平成11年11月11日)

そして、今日。
ポッキーの日野田首相TPP交渉参加表明。

もう、中野さんの動画を見てからはマジでTPPヤバイと思ってるんで、日本オワタ\(^o^)/ みたいな感じに思っちゃってます。

ホント、どうなっちゃうんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

中野剛志さんが好きになってきた

やっぱりこの人、頭いいわ。
しかも面白いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

話をするときは肘をついてはいけません

態度が非常に気になるが、言ってることはわかりやすい!

この人がNHKの番組で同じ事を説明している映像もあるが、やはりわかりやすい。

この人、頭いいんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

まだ努力するここはある!とな!?

度重なる教師のわいせつ行為続発の静岡県で県の教育長が「万策尽きた」と無力感を口にするが、県高等学校長協会会長が「現場は万策尽きていない。即効性がある対策はないかもしれないが、まだ努力することはある」と話しているそうだ。

努力しなければできないのか・・・。
どこまで酷いんでしょうね。

そういう人ばっかりが教師になっているのかと思うとゲンナリする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

think different

私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。

「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」

それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。
そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。
「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」
それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。
これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。
何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。

そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。
自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則Bookスティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

著者:カーマイン・ガロ
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

背面飛行

9月6日におきた全日空機の急降下事故で実は背面飛行といえるほど機体がひっくり返ってたんだと。

こんな事態がなんで今までわかんなかったのかと思っていたら、急降下時に2.68Gがかかっていたので乗客は気づかなかった可能性が高い。
ま、案の定、会社としては把握していたらしいが、こんな重大事にもかかわらず公表しない体質ってのがなんだかなぁ。

しかし、この再現CG動画を見ると怖いな。

意外なのはここまでひっくり返っても元に戻せるんだね。

もっと意外なのはこの737-700って97年以降に作られたにも関わらず、ドア開閉スイッチが方向舵調整スイッチという間違えちゃいけないスイッチの近くに、しかも同じような形状で配置されているって点。
航空機みたいなものでもフールプルーフの思想って無いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

紳助引退騒動を普通の会社に当てはめてみる

今回の紳助引退の理由を記者会見で言っていることがすべてだとして、普通の会社に当てはめてみる。

暴力団と間接的に付き合いがあったということだが、これはコンプライアンスに引っかかるかもしれない。微妙なとこだ。
しかし、この人の場合、過去にも数回問題(暴力事件等)をおこしているのでアウトだろうな。

紳助はレギュラーを何本も持っているいわゆる”超売れっ子”=仕事がバリバリできる稼ぎ頭だったわけだが、それでも今までのことと合わせ技でクビにせざるを得ないだろう。

ただし、クビにするにしても即刻クビではなくステークホルダーに充分な根回し(連絡)をしてからになるかな。
過去の事件でクビにしていないのなら今回の件でクビにするにしても、発覚から2日後のクビは早すぎの気がする。

吉本の対応で引っかかるのはステークホルダー(クライアントたち)への連絡よりも先に記者会見をした点だ。

何をそんなに慌てたんだ?
記者会見が1、2日遅れても影響ないだろうに。

そういう点が今回の裏に何かあるんじゃないかと思わせてしまうんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

原発処理用アシモ開発

原発事故処理用のアシモ開発へ ホンダ早期実用化目指す

っていうか、テムザックは使えないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

H23.7.27 衆院厚労委員会 児玉龍彦参考人

形ばかりの”有識者”がTVのコメンテーターに多い昨今ですが、こんなに熱い人もいるのですね。

思わず見入ってしまいました。

これが事実なんでしょう。

本当に早急に何とかしないとダメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

日本惑星協会が解散

日本惑星協会が解散したってニュース

理由が「事務局メンバーが70~80歳代になったため活動中止を決断」っていうのは、いかがなものか。

っていうか、誰かいないのかよ。

寂しいね。

>日本惑星協会
(今月で閉鎖ですが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)