日記・コラム・つぶやき

2017年1月10日 (火)

むしの音

虫の鳴き声を「声」と認識しているのは日本人とポリネシア人だけとか言う面白い記事があった。

虫の鳴き声を右脳で聞き取るか左脳で聞き取るかの違いで、その違いはH/Wとしての脳ではなくS/Wとしての脳の違いだそうだ。
母国語が日本語だと虫の鳴き声も声として認識するらしい。

日本語以外の言語を母国語として育った人の脳では虫の鳴き声は雑音として認識してしまうため、鳴いていることすら認識が難しいということらしい。・・・本当かよ!って感じですが。

虫の声を音としてしか認識しない、「無視の音」ということか。

面白い内容だが、この中の以下の部分は自分とは違うなぁと思った。

左右の耳に同時に違ったメロディーを流して、その後で、どちらのメロディーを聴きとれたかを調べると、常に左耳から聴いた方がよく認識されている事が分かる。これで音楽は、左耳、すなわち、右脳の方が得意だと分かる。同様に、違う言葉を左右から同時に聴かせると、右耳、すなわち左脳の方がよく認識する。我々がほとんどの場合、右耳に受話器をあてるのは、このためだそうだ。

自分は受話器は左耳に当てないとしっくりこないんだけど、ということは私は言語を音楽として理解しているということなのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

母さんです お父さんの件です

こんなメールが来た。しかも会社に。

隆文へ

元気にしてますか?お母さんです。突然のメールでごめんなさい。
あなたの携帯がつながらなかったので、川口君に連絡先を聞いて
メールしました。

お父さんが仕事中で事故に合い、今記念病院に入院してます。
仕事忙しいと思いますが、よかったらお見舞いに来て、顔を見せて
あげてください。

左足の骨折ですんで本当によかったです。ただもうお父さんも歳
なので元気づけてあげてください。きっと喜びます。

あと佐々木君が来月に結婚するそうです。招待状を送りたいので
あなたの新しい住所を教えて欲しいと言ってました。

とにかくメールをみたら一度お母さんに連絡ください。

平日はパートに行ってるので、17時には家にいます。

どこから突っ込んでいいのか(笑)

隆文って誰?オレ隆文じゃねーし。
これって連絡先とかをGETしたい業者ということなんだろうか?
だとしても名前が違うし、川口くんとか佐々木くんとか限定的だし、そもそも「お母さん」に電話したらすぐわかるし。

あ、間違ってますよというメールの返信を期待しているということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

○○に隠れて生きる

妖怪人間ベムが子供たちにも受けてます。

これは我が家だけではなく、お友達のところでも同じみたい。

で、うちの下の子(5歳)は妖怪人間の歌を覚えて歌っているんだが、微妙に違う。

最初は

「山にか~くれて生きる、俺たちよ~か~いにんげんなのさ」

う~ん、惜しい。これだと単なる野生動物だ。

「ちょっと違うよ」と指摘したら、次は

「キミにか~くれて生きる、俺たちよ~か~いにんげんなのさ」

と歌い出した。
ちょ、ストーカー?と思って笑っていたら、受けたと思ったのか調子に乗って

「はやくキミになりた~い!」

とか歌ってる。
ヤバイひとだよ、それじゃw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

自己矛盾

「永久不滅コンテンツ」サービス終了のお知らせ

永久不滅じゃないじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

男はいつまでたっても子供さ

IKEAに子供を買い物の時に預ってくれるスペースがありますが、あれの大人の男バージョンだってさ。

お菓子やらゲームは無料なんだろうか?

普通にゲーセンとか漫喫とかを併設しておけばいいんじゃね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

○○ジャパン

今更ですが、なでしこジャパン。

なんで「なでしこ」ジャパンなんでしょうか?

男子の場合、ザッケローニジャパンとか岡田ジャパンとかトルシエジャパンとか加茂ジャパンとか監督名ですよね。

なんで佐々木ジャパンじゃないの?

ちなみに「なでしこ」ジャパン監督の佐々木則夫さんですが、東芝の社長と同姓同名です。

ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)Musicぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)

アーティスト:あやまんJAPAN
販売元:日本コロムビア
発売日:2010/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

告白

うちの子は二人とも男で、長男小1、次男年中さん。
次男は去年から幼稚園に転園、それまでは保育園だった。

で、昨日、近所の公園に長男の友達ひとりとうちの子達の3人で遊びに行った。
次男が行ったので私も念のため付き添った。

3人で遊んでいると、女の子がおばあちゃんと一緒に公園に来た。

次男の保育園の時のお友達だ。

男3人で遊びまわって走り回っているところに、その女の子が来て
「うーさん(次男)だけにお話があるの!」
と話しかけている。

全然聞く素振りを見せずお兄ちゃん達と遊び呆けている次男。

あまりに女の子がいじらしく言ってるので、
「うーさん、お話あるんだって。」
と促し、二人だけにした。

その様子を見ていると、女の子がちょっとはにかみながら話しかけようとしている。

こ・これは!告白じゃないの?
保育園から転園してさびしくなってとか、そういうのじゃないの!

と、思いつつ聞いていると、女の子が
「ねぇ、今度、二人で遊ぼう。」
キターーー!って感じ。
聞いてる親がニヤケる感じですよ。

会話は続き、彼女は
「この前ね、ダンゴムシを捕まえてたの。」
とかよくわからん話をしてくるが
「オレもこの前ダンゴムシ捕まえたよ。」
と次男。すると
「一緒に捕まえたかったね。」
って、この子、カワイ過ぎだろ。

実際、見た目もすごーーーーーーーーーく可愛い。
ヤバイくらい可愛い。
写真撮りたかったが、捕まりそうだから堪えた。

これがもう少し成長してからだと記憶にも残ってるかもしれないが、5歳児では記憶に残らないだろうな。
残念。

できれば小学生か中学生になったとき、もう一度誘ってほしい。

お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

原発こと

そろそろ原発のことでも書こうか・・・。

危機的状況に代わりはないが、今すぐ東京から逃げ出すような状態ではないと判断する。
というか、個人的には最悪の状態になったとしても東京から逃げる必要はないだろうと思っている。

最悪の状態とは何か。

簡単に言ってしまえば、冷却水がダダ漏れし続け放射性物質が一向に減らない状態。
また、水蒸気爆発が再度起こり、気体としても放射性物質が拡散するような状態。

確かに重篤な状態ではある。
スリーマイルを超えた異常事態だ。

しかし、チェルノブイリにはならない。

だって、チェルノブイリは稼働中に暴走し爆発したのに対し、福島は停止は出来ているのだ。
ただその後の冷却がうまく出来ずに、いろんなことが起きてる状態だ。

いろんな状況から再臨界はまず99.99%起きないだろうから、本当の意味での爆発的な放射性物質の拡散は起こりえない。
低レベル(どこまでを低レベルと言うのかは意見がいろいろあるかもしれないが)の放射性物質がダダ漏れし続ける状態が長期間(おそらく年のオーダー)続くというのが、現実的な状況認識だろう。

ではその影響はというと、東北地方および茨城、千葉の農作物、水産物、畜産物は風評被害も含めかなり大きいダメージを受けざるを得ないだろう。
また、世界中から日本製品拒否が起こり輸出産業にもかなりの影響があると思われる。

先行きは暗い物しかない。

しかし今回の事故で本当に最悪なことは、みんなが思っているように東京電力の対応だろう。

汚染水の漏水をなんとか止めたが、その大本である原子炉には大量に注水し続けている。
ということは、ここを止めてもすぐに別の場所から漏れるに決まっている。

今度漏れる場所がクリティカルな場所(電源や水に濡れてはダメな機械のそばとか)でない保証は全くない。

だから、根本的な対策をしない限り事態は好転しない。

モグラたたきはどんなにしても別の場所にモグラが出てくるだけだ。

東電と政府はもうメンツなんかどうでもよくて、なりふり構わず世界中のスペシャリストに援助を求めるべきだ。

あとマスコミというかコメンテーターは不安を煽るようなコメント、言い方はもうやめろ。

先行き真っ暗で不安しかないのは事実だが、TVで不安を1言えば、視聴者はその10倍で受け取る。
さらにその人が知人に自己増幅した誤った認識を伝えることにより、さらに10倍に増幅されて誤った認識が伝わっていくのだ。

これにより、政府発表は全て”大本営発表”と同じになり、何を言っても信じてもらえなくなる。
すでに「ただちに人体に影響が出るレベルではない」というのを信じている人はいないだろう。

「基準値を超えました」「○○倍」という言い方は”無知な”国民を不安に落とし入れるだけだ。
その基準とはどのレベルの基準なのか、○○倍だからどの程度の影響があるのか(ないのか)が正しく伝えられなければ意味がない。

基準がもの凄く厳しい場合ともの凄くゆるい場合では天と地の差がある。
0.00001の1万倍と1の1万倍では意味が違う。

少なくとも現時点でも福島原発で作業している人たちがいるのだ。
本当に重篤な状況ならそんな場所にいることは出来ない。

報道されているレベルの放射線量であれば福島県産や茨城県産のほうれん草を食べたって問題ない!と思う。

ま、赤ちゃんのいる人が不安がるのはわかるが、大人しかもジジババがそんなに心配してどうする?
あんたらは甲状腺への影響は無視して構わない。もう成長期じゃないんだから。

とにかく、必要以上に不安がる必要は無い。

ここでも見て安心してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

東北大地震

本当に凄い被害になってます。

昨日は私も帰宅難民になってしまい、帰宅できたのは今日の昼前11時頃でした。

災害で鉄道が不通になり帰宅できなくなる可能性があるってのは理解していたのですが、どこか現実味のない話のような気がして他人事でした。

しかし、実際に昨日は自分がその帰宅難民になり、あらためて地震の怖さを痛感しました。

しかも今回の地震は東北だけでなく新潟でも発生したりと何か尋常ではない恐怖を感じます。

さらには原発での事故に至っては映像を見る限りかなりの爆発を起こしており、あれで本当に原子炉には影響ないのでしょうか?不安しかありません。

津波の被害にあった街はほぼ壊滅状態であり、完全復旧には相当の時間がかかることは確実でしょう。

ニュース映像で避難した方が食料やトイレットペーパーが足りないとのレポーターの報告があり、その中でおむつや粉ミルクも足りないとのニュースを聞くと本当に胸が苦しく思います。

小さい子供達(の親)は本当に大変でしょう。
もし、自分がその立場になったら、想像も出来ません。

もう、うまく言葉に出来ませんが、一日も早い救済を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

同期会のお知らせだってさ(ぷぷぷ)

あまりにひどい社内メールが来たので晒します。

90年入社各位、 お疲れ様です。 **事業部にいる A山です。 (因みに、万年幹事じゃないですよ。。)

突然の方もいるかもしれませんが、新年会のお誘いです。

Oさんのご協力で、少しメンバーを増やしました。 (そうそう、九州のIちゃんもいるし、遠い人はいるけど、もし来れれば参加してね)
後、Kちゃんのアドレスが、まだ、××のままだけど、**に来たのでアドレスが確定したら、後で、別途転送しておきます。
(今回は、女性の方も宛先に入れましたが、抜けがあれば、ご連絡ください。前回の、第一回の20周年同機会の連絡の漏れていた方、すみません。。。。。)

総勢、85名のアドレス名簿になりました。 (ご協力ありがとうございます。)

前回返信してくれた方は、添付のファイルに一応、参加情報記載してあるので、変更がある場合のみ返信ください。

返信納期は、追加の方には、悪いのですが、今週中で一旦切って、場所取りに入ります。

返信のない方は、欠席として一応扱いますが、後で、参加可能であれば、言ってください。)
(あしからず。。。 それと、リフレッシュ休暇中の人がいたら、周りの人で、気がつく人が、返信してもらえると助かります。)

以下のメールは最初の1月28日のメールから変えてません。 こちらも あしからず。。。

---------------------------------------
寒さも増して、厳しいころとはなりましたが、いかがお過ごしですか?

さて、遅くなりましたが

去年より話のありました、新年会を 90年入社のみなさんで開催したいと思います。

名簿はアプし続けていますが、まだまだ、足りない人がいそうですね。。
追加の情報ください。

一応同期名簿は送ります。
(部署が結構変わって苦労しました。 Notesがなくなると、検索が大変かも。。しれませんね。。)

開催場所はまだ決めていません。(人数に依存します。 相変わらずです。)

日時:  2011年 2 月18 日 (金)  19:00~
      or
     2011年 2 月25 日 (金)  19:00~

場所:  未定

と言うことで、上記、日程を加味して参加可能かどうかメールまたは、ボタンで返信をお願いします。

参加人数の多い日を、開催日とします。

これも、変わらず、もし、参加意思がない場合でも返信だけは頂けると助かります。

あと、また、お願いですが、Iちゃん、Tちゃん、Kちゃん、すみません、配信後のフォローをお願いします。

Iちゃん、 本社関係のメンバーへの連絡お願いします。
Kちゃん ××メンバーへの連絡お願いします。 Sちゃんのアドレスがども間違えているようなので。。
Tちゃん Nちゃんに連絡お願い! アドレスが、またも、分からないので。。。

抜けは無い筈ですが。。もしあれば、連絡ください。

-以上

PS. 今日はもう、遅いので帰るから、海外の方、返信しても、即答できませんから、悪しからず。。

どうですか、みなさん?
あたしゃ、呆れましたよ。

90年入社ということでおわかりかと思いますが、大卒なので今現在は43歳くらいです。
宛先は同期入社の面々ですが、文面にもありますが残存同期メンバーは85名もいるのです。
バブル世代ですから入社当時は同期が180人くらいいた記憶がある。

そんなにいれば、面識のない人も多いわけで、私はこのメール送信者や文面に出てきている人は全員知りません。
そういう相手にも送るわけだから「○○ちゃん」はねぇだろ。
そいつとどんなに親しいか知らんが、仮にも社内メール(うちの会社はNotes使用)で配信してるんだから、もう少しオトナの文章にしないと・・・。

こんなメールを恥ずかしげもなく送れる感覚は痛いなぁとしか思えないし、そういう人が同じ会社にもいるんだなぁと思いましたよ。
ま、このメール送信者の事業所は直接客先にコンタクトをとる部署じゃない(回りくどい言い方をしているが平たくいえば営業じゃなく田舎の工場勤務)から、こういうメールを何の疑問もなく出せる感覚になっているのかなぁと感じたね。

本当はこの人個人の感覚の問題だというのは理解しているが、十把一絡げに”地方だから”とか”工場勤務だから”とかステレオタイプ的に当てはめてしまう自分も怖いな。

文面以外にもおかしい部分があるけど、気付いてないのかね。

まず、全国の同期に対して一地方から発信しているけど、おおまかな開催場所の記載がない。
具体的な店とか会場は人数確定しないと決まらないのは仕方ないとしても、おおまかな開催地(東京とか大阪とか)を決めないとそれ以外の場所からの参加表明ができないでしょ。

あと、金曜日の19:00開催だったらその開催地域近隣にいる人しか出席できないということが理解できないのかコイツは。

仕事出来なそうだよね。コイツ。
ホントこういう社会人にはなりたくないもんだ。
私にはなりたくてもなれないけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧